ホームモーターサイクル > 製品情報

S36リアショックアブソーバー

S36リアショックアブソーバー

オーリンズ マザーモデル。それは、今から四半世紀以上も前、現オーリンズ社オーナー、ケント・オーリンが現役レーシングライダーだったころに、駆っていたハスクバーナのツインショックをリプレイスしたことに始まります。長い年月をかけ現在に至るまで、このマザーモデルのスピリットが現在のモデルに脈々と受け継がれています。

リザーバータンク付定番モデルのS36P、軽量シンプルデザインのS36E、クロームメッキが美しいS36K、フルスペックモデルのS36PR1C1LB。そして現在のハイスペックネイキッドバイクに対応すべく投入された次世代アッパーモデルS36PR1C1L。オーリンズの進化は止まることを知りません。


コンパクトなボディに凝縮した美しさ、機能美、所有感

以下の特徴はType S36PR1C1Lを一例としたものです。製品によって搭載・採用されている機構またはデザインが異なります。

それぞれの製品に搭載されている機能についてはこちらもご参照ください。→オーリンズタイプ記号

  • ニューデザインシリンダーヘッド

    オイルブリード通路を拡大し、より高レベルでの安定した減衰力を発揮します。

  • ビッグボアリザーバータンク

    従来比20%以上の容量アップを果たし、ロングストロークに対応したφ49大容量リザーバータンク。フリーピストンの作動量を減少させ、ストロークに対するガス圧変化の縮小と、熱ダレの抑制に効果を発揮します。

  • アルミ製高剛性シリンダー,スプリング
    アルミ製超軽量スプリングアジャスター

    レースでの実績からフィードバック。内部摺動フリクションの低減を極め、「より軽く」、「より高剛性」を現実のカタチにしました。超軽量・高応力スプリングは、イエローとブラックの2タイプからライダーのお好みでお選びいただけます。美しさが際立つ新デザイン、無段階式プリロードアジャスターはシングルナット仕様。最高精度の仕上げにより、スムーズな調整が可能。

  • リバウンドアジャスター,車高調整機構
    スフェリカルタイプエンドボールジョイント

    伸び側減衰調整は定番のワイドレンジ30段階調整。様々なシチュエーションやライダーの好みに合わせて柔軟なセッティングが可能です。車高調整機構は乗車時の車体バランス、フィールドに合わせた車高調整が可能です。そして摺動抵抗の低減及びダイレクトな剛性感を得られるようにスフェリカルタイプエンドボールジョイントを新採用しました。

  • ワイドレンジ・コンプレッションアジャスター

    20段調整式によりワイドかつ、きめ細やかなセッティングが可能。従来のニードルバルブ式をさらに進化させた、積層バルブ式調整機構を採用。高速ギャップ通過時の過大入力にも、オイルはスムーズにリザーバータンクに移動。そこからの戻りにもワンウェイバルブが作動し、一気にオイルをリリース。タイヤは滑らかに路面をホールドします。

  • スーパーフィニッシングロッド

    キズに対するプロテクションと滑らかなストロークを確保するため、世界最高レベルの平滑度で磨き込んでいます。


    S36ショックアブソーバーの主な特徴・メリット

  • シンプルデザインから多彩な調整機構を備えたフルアジャスタブルまで豊富なラインナップ

  • シングルチューブ&多段積層バルブにより全速度域において正確で安定した減衰力を発生

  • 高い加工精度と高品質素材による優れた初期作動性

  • 完全分解設計コンセプト。オーバーホールすることで性能の回復が可能

  • オプション設定にて別レートのスプリングを多数用意

オーリンズ・リアショックアブソーバーラインナップ

ラインナップは各メーカー別ラインナップ一覧からご確認ください。