ホームモーターサイクル > 新製品情報

KAWASAKI ZX-10R オーリンズスマートEC リアショックアブソーバー

商品画像

ÖHLINS REAR SHOCK ABSORBER For KAWASAKI ZX-10R

年式
2011-12
品番
KA035
タイプ
Type T36PR4C4LS
希望小売価格
¥207,360(本体価格¥192,000)

製品の主な特徴

ハイパースポーツ初のスマートECショックアブソーバー

スマートECは車両から得られた情報に応じてサスペンションが常に最適な減衰力を設定、発生するサスペンションテクノロジーの最先端です。

付属のハーネスを使用し、車両側ECUとSCU(サスペンション・コントロール・ユニット)、ショックアブソーバーを接続することで、車両側ECUから発信される各パワーモードや車速などの各種信号をSCUにてリアルタイムに変換。減衰力の発生と調整を同時に行うECバルブによって最適な減衰を継続的に発生させます。

スマートECの心臓部ともいえるSCUは突起部でも厚さ25mmの超小型軽量設計となっており、シート下など車体内部に難なくマウントが可能です。

オーリンズ メカトロニクス・ロゴ SCU サスペンション・コントロール・ユニット
  • ECバルブ

    ECバルブ

    TTX構造による圧側、伸側完全独立型。ECショックアブソーバーは写真の電子制御バルブにて伸び側/圧側の減衰力発生と調整のすべてを独立して行います。スマートECでは車体ECUから得られる各種の情報からリアルタイムに最適な減衰セッティングをオートで行います。

  • ツインチューブシリンダー

    ツインチューブ構造・36mmソリッドピストン

    TTX36の専用設計。φ36ソリッドピストンとインナーシリンダー、アウターシリンダーの絶妙なコンビネーション。内部摺動フリクションの低減を極め、より軽く、より高剛性を実現のカタチにしました。

  • ビルトイン式プリロードアジャスター

    ホース式プリロードアジャスター

    シリンダー径に合わせ新設計された遠隔式のスプリングプリロードアジャスター。ホースの先にあるリモートダイヤルを回すことで、工具などを使用せず無段階にスムーズなプリロード調整が簡単にできます。

  • 車高調整

    車高調整機能

    乗車時の車体バランス、フィールドに合わせた車高調整が可能です。また、エンドアイブラケットにはストロークセンサーの取り付け穴を設置しています。


必ず車両年式をご確認ください

11-12モデル用KA035と13モデル以降用KA040はそれぞれ付属の同梱部品が異なるため、適合年式以外の車両へは装着ができません。必ず適合年式にあった製品をご使用ください。

製品スペック

ショック全長
309mm(+6mm / -0mm)
ストローク量
59mm
スプリングレート
110N/mm
スプリング全長
160mm
基準プリロード量
12mm

タイプ記号

シリンダータイプとピストン径

  • T

    シリンダーの構造を表しています。TTX機構を採用したツインチューブとなります。

  • 36

    直径36mmのピストンを使用しています。



ショックアブソーバーの形状と内部構造

  • P
    P

    ピギーバック式のリザーバータンクを搭載しています。



搭載されている各種調整機構

  • C4
    C4

    コンプレッション(圧側)減衰力調整を電子制御(EC)にてコントロールします。


  • R4
    R4

    リバウンド(伸び側)減衰力調整を電子制御(EC)にてコントロールします。


  • S
    S

    スプリング・プリロードをホース式油圧アジャスターで調整する機能を搭載しています。


  • L
    L

    ショック全長を伸縮できる車高調整機能を搭載しています。


製品情報